UTAIL

English UT

ホーム

ニュース

メンバー

研究室について

研究プロジェクト

発表論文

卒論・修論生へ

アクセスマップ

内部専用

Square
edgeedge

発表論文

 
書籍・著書・解説
  • 鈴木 健嗣,大木 美加,ソーシャル・イメージング:子どもたちのこころを支えるテクノロジーを目指して,発達教育2月号,35(2):3,2016.
  • 鈴木 健嗣,ソーシャル・イメージングの創成ー自閉症や発達障害児の社会性形成支援に向けてー,情報処理学会誌, 56(6):561-563, 2015.
  • 鈴木 健嗣,社会的行動のライフログとソーシャル・イメージング,心理学ワールド, 69:25-26, 2015.
  • Suzuki, K., IROS 2013 - New Horizon, IEEE Robotics and Automation Magazine, 21(2): 90-94, 2014.
  • Sankai, Y., Suzuki, K., and Hasegawa, Y. (eds.), Cybernics, ISBN:978-4431541585, Springer-Verlag, 2014.
  • Hirokawa, M., Suzuki, K., Coaching robots: online behavior learning from human subjective feedback, Contemporary Achievements in Intelligent Systems, Studies in Computational Intelligence, 442:37-51, 2013.
  • 鈴木 健嗣,高野ルリ子,表情を測る技術と装う技術,顔を科学する: 適応と障害の脳科学(山口真美,柿木隆介 編),東京大学出版会,pp. 307-328,2013.
  • Jayatilake, D., Gruebler, A., Suzuki, K., "Robot Assisted Smile Recovery," Cutting Edge Robotics, pp. 333-350, 2010.
  • 鈴木 健嗣(分担執筆),音楽配信(2群画像・音・言語,9編 音楽情報処理),電子情報通信学会「知識ベース」,2010.
  • 鈴木 健嗣(分担執筆),ロボット情報学ハンドブック(6.7 ロボットの行為選択),ナノオプトニクスエナジー,2009
  • 鈴木 健嗣(分担執筆),次世代センサハンドブック(第II編第12章12.5 力覚センサ),監修 藍 光郎,培風館,2008.




  © 2005-2020 Artificial Intelligent Laboratory, University of Tsukuba, Japan