UTAIL
 

発表論文
書籍・著書・解説
  • 鈴木 健嗣,ソーシャルイメージングの創成,人工知能学会誌, 32(5):708-713, 2017.
  • 鈴木 健嗣,人々の表情を読む,発達教育6月号,36(6):18-19, 2017.
  • 鈴木 健嗣,辻 愛里,蜂須 拓,人々の関係性を明らかにする,発達教育5月号,36(5):18-19, 2017.
  • 高橋 一誠,大木 美加,鈴木 健嗣,「ミライの体育館」を作る,発達教育4月号,36(4):18-19, 2017.
  • 鈴木 健嗣,大木 美加,大型床面プロジェクションマッピングで子どもたちの行動を支援する, 日経アーキテクチュア特別編集版 これからの学校2016, pp. 47-51, 2016.
  • 鈴木 健嗣,大木 美加,ソーシャル・イメージング:子どもたちのこころを支えるテクノロジーを目指して,発達教育2月号,35(2):3,2016.
  • 鈴木 健嗣,ソーシャル・イメージングの創成ー自閉症や発達障害児の社会性形成支援に向けてー,情報処理学会誌, 56(6):561-563, 2015.
  • 鈴木 健嗣,社会的行動のライフログとソーシャル・イメージング,心理学ワールド, 69:25-26, 2015.
  • Suzuki, K., IROS 2013 - New Horizon, IEEE Robotics and Automation Magazine, 21(2): 90-94, 2014.
  • Sankai, Y., Suzuki, K., and Hasegawa, Y. (eds.), Cybernics, ISBN:978-4431541585, Springer-Verlag, 2014.
  • Hirokawa, M., Suzuki, K., Coaching robots: online behavior learning from human subjective feedback, Contemporary Achievements in Intelligent Systems, Studies in Computational Intelligence, 442:37-51, 2013.
  • 鈴木 健嗣,高野ルリ子,表情を測る技術と装う技術,顔を科学する: 適応と障害の脳科学(山口真美,柿木隆介 編),東京大学出版会,pp. 307-328,2013.
  • Jayatilake, D., Gruebler, A., Suzuki, K., "Robot Assisted Smile Recovery," Cutting Edge Robotics, pp. 333-350, 2010.
  • 鈴木 健嗣(分担執筆),音楽配信(2群画像・音・言語,9編 音楽情報処理),電子情報通信学会「知識ベース」,2010.
  • 鈴木 健嗣(分担執筆),ロボット情報学ハンドブック(6.7 ロボットの行為選択),ナノオプトニクスエナジー,2009
  • 鈴木 健嗣(分担執筆),次世代センサハンドブック(第II編第12章12.5 力覚センサ),監修 藍 光郎,培風館,2008.