UTAIL

English UT

ホーム

ニュース

メンバー

研究室について

研究プロジェクト

発表論文

卒論・修論生へ

アクセスマップ

内部専用

Square
edgeedge

 

年度: 2013-

メンバー:
西田 惇
松下 明
鈴木 健嗣

共同研究:


Tags:
- サイバニクス・拡張生体技術
- 社会的相互作用研究

 
脳外科手術手技を拡張する外骨格機器
受動型外骨格機構による脳神経外科手術手技の支援
Haptic Augmentation of Surgical Operation using a Passive Hand Exoskeleton

 

近年,脳梗塞や脳腫瘍摘出手術といった高齢化・長寿命社会を迎えるにあたって不可欠な医療行為を行う脳神経外科において,手術手技(手術手法) の高度化に伴う高い事故・訴訟リスクが存在するといったことや,技術の習得に卒後15 年程度と長い期間を要するといった背景から,手術空間における術者の認知的及び身体的負担の増大が問題となっています.一方,外科手術支援では,手術ロボットマニピュレータ da Vinci(Intuitive Surgery 社)が著名です.これは術者と術部の間に設置された力覚センサ及び力覚フィードバック機構を備えた機械的インターフェイスを介してロボットマニピュレータを制御し,腹部等における微細な動作を必要とする手術に使用しています.

これに対し本研究では,術中の術者のインタラクションの観察を通して,術者の身体動作と知覚認知を阻害せずに術中の執刀を物理的に支援する機器を開発し,身体機能拡張による手技の間接的強化を試み,術者の負担軽減を目指しています.ここでは,刺入マニピュレータや機械的インターフェイスを用いることなく,術者の手指に身体機能を拡張する外骨格装着型機器を装着し,術者の知覚感覚系をそのまま保存しながら執刀を支援できる新たな物理支援機器を提案しています.これまでに,執刀中の上肢疲労の軽減や手振れの抑制,手指運動の分解能の向上,近接組織把持のための手指制御能力拡張の有効性を示しています.


 

CCR
本研究の一部は,最先端研究開発支援プログラムの支援により行われています.

CCR
本研究の一部は,エンパワーメント情報学プログラムの支援により行われています.

 

arrow 研究プロジェクトに戻る

   
発表論文他
  • Nishida, J., Nakai, K., Matsushita, A., and Suzuki, K., "Haptic Augmentation of Surgical Operation using a Passive Hand Exoskeleton," Lecture Notes in Electrical Engineering, 277, pp. 237-243, 2015.
   
     
関連する研究プロジェクト
 



  © 2005-2020 Artificial Intelligent Laboratory, University of Tsukuba, Japan