UTAIL

English UT

ホーム

ニュース

メンバー

研究室について

研究プロジェクト

発表論文

卒論・修論生へ

アクセスマップ

内部専用

Square
edgeedge

 

年度: 2007-

メンバー:
Dushyantha Jayatilake
鈴木 健嗣

共同研究:
筑波大学附属病院
(リハビリテーション)

Tags:
- サイバニクス・拡張生体技術
- 社会的相互作用研究

 
表情の表出を支援する
ロボットマスク:顔面の表情生成機能の支援と拡張
Socially Assitive Robotics / Robot Mask

 

本研究では,顔面麻痺等により表情が作れない人に対して,表情表出支援を行うインタフェースであるロボットマスクの開発を行っています.本研究で対象とする末梢性顔面神経麻痺は,脳神経系の麻痺のうち高い頻度(全世界で年間0.5人/1,000人)で発生する,顔面表情筋の活動低下を示す神経障害です.患者は自身で思い通りの表情を表出できず,感情をも押さえ込む結果となり,これが社会生活を営む上での大変な障害となっています. 一方,提案する表情生成支援装置により,健常者による自然な表情生成の訓練も可能となるなど,新しい人支援ロボティクス技術に関する研究開発です.

本研究では,一過性の顔面麻痺患者の回復に関するリハビリや永久性の顔面麻痺患者への表情表出を支援するロボットマスクの開発を目的としています.また,ロボットマスクは日常での利用を想定しているため,アクチュエータの静音性を確保しなければならなりません.そこで,本研究では形状記憶合金(SMA)を用いた静音アクチュエータを開発し,ロボットマスクシステムを開発しております.


 

cybernics
本研究は、グローバルCOEプログラム「サイバニクス:人・機械・情報系の融合複合」の支援を受けて行われております.

MEXT
本研究の一部は,文部科学省科学研究費補助金の支援を受けて行われております.

 

 

arrow 研究プロジェクトに戻る

   
発表論文他
  • Jayatilake, D., Suzuki, K., Robot Assisted Facial Expressions with Segmented Shape Memory Alloy Actuators, International Journal of Mechatronics and Automation, 1(3/4):224-235, 2011.
  • Jayatilake, D., Suzuki, K., and Kamibayashi, K., "Selective Facial Nerve Stimulation with an Array Electrode," Proc. of Biomedical Engineering, doi:10.2316/P.2011.723-134, 2011
  • Jayatilake, D., Suzuki, K., "A Multiple SMA Hybrid Actuator to Generate Expressions on the Face," Proc. of 2010 IEEE Intl. Conf. on Robotics and Automation (ICRA), pp. 2203-2208, 2010
  • Jayatilake, D. Takahashi, K., Suzuki, K., "An assistive mask with biorobotic control to enhance facial expressiveness," Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS), pp. 3568-3573, 2009.
  • Jayatilake, K. and Suzuki, K., "A Soft Actuator Based Expressive Mask for Facial Paralyzed Patients," Proc. of 2008 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2008), Nice, France, pp. 4048-4053, 2008.
  • Jayatilake, D. and Suzuki, K., Development of Robotic Mask to Assist Expressive Function of the Face,ロボティクス・メカトロニクス講演会2008 (ROBOMEC 2008),1P1-D17,長野, 2008.
  • Jayatilake, K., Gruebler, A. and Suzuki, K., "An Analysis of Facial Morphology for the Robot Assisted Smile Recovery," Proc. of 2008 4th Intl. Conf. on Information and Automation for Sustainability (ICIAfS'08), Sri Lanka, 2008.
   
     
関連する研究プロジェクト

mobile robot
装着型表情識別インタフェース

 

 

 

 

 

 



  © 2005-2020 Artificial Intelligent Laboratory, University of Tsukuba, Japan